2010年05月06日

指揮者・ゲルハルト・ボッセ 88歳が紡ぐ“みずみずしい音楽”(産経新聞)

【プレミアムシート】

 88歳。余人には計り知れない長く深い物語がある。しかしこの人の音楽に老成の二文字はない。指揮すれば、いつも新鮮でみずみずしい音楽が紡ぎ出される。

 「何度も演奏した曲でも毎回いきいきとしたものを立ち上げ、生まなければならない。楽譜を読むごとに知識は増えるのだから」

 大阪・高槻に住む。精力的に指揮を続ける傍ら、名バイオリニストとして後進の指導にもあたる。「ステージの上に立つ人間は、作曲家が伝えようとした音楽内容を、感動として聴衆に伝えることに、全力を傾けなければいけない」と信念を語る。

               ◇  ◇  ◇

 早くから才能を示し、ライプツィヒ音楽大学に入学するが、その青春時代は第二次世界大戦下にあった。

 「ナチス統治下で、ユダヤ人作曲家のメンデルスゾーンの協奏曲は弾くことができなかった。同様にヴィニャフスキやヴュータン、イザイなど技術を身につけるために学ばなければならない作曲家にも触れることができなかった」

 しかし、何度もあった徴兵検査を病気などで不合格となったおかげで貴重な経験も。占領下のオーストリア・リンツにドイツの精鋭を集めてできた「リンツ帝国ブルックナー管弦楽団」で弾くチャンスを得て、若きカラヤンやフルトヴェングラーの音楽に触れた。「フルトヴェングラーにはクライマックスまで自然と連れていかれた。今でも指揮の参考にしている」

 終戦後の1955年秋からは世界屈指のオケ、ゲヴァントハウス管弦楽団の第1コンサートマスターに就任し、東独政権下で楽員をとりまとめる重責も担った。「団員の中にはシュタージ(国家保安省)の協力者がいたため、同僚同士でもオープンになれないなど極度の緊張があった。外の世界の人には分からないでしょう」と静かに話す。

              ◇  ◇  ◇

 外貨を稼ぐために世界中に演奏旅行をした。初来日は昭和36年。まだ新幹線もない時代に東京、福島、大阪、福岡と縦断した。「印象的だったのが聴衆の集中力の高さ」と語る。

 「ライブのときだけに起きることだが、演奏家が発信して聴衆が受信した後、聴衆の感動が見えない気のようなものになって返ってきて、演奏家の演奏がさらに高揚することがある。それを日本では強く感じる」

 平成6年からは東京芸術大学に招聘(しょうへい)されて、日本に居を移し、いまも後進の指導を続ける。「私の仕事は教育者として生徒を音楽家の扉まで連れて行くこと。そこからは生徒自らが扉を開かねばならないが、私の場合は時代を超えてきたのでいろんな経験の積み方を教えることができる」

 今月9日には、その才能を高くかっている郷古廉、三浦文彰という10代のバイオリニストを擁して高槻現代劇場でコンサートを開く。6月には神戸市室内合奏団を振ってR・シュトラウスなどを演奏する。

 音楽とともに進めてきた歩みは止まらない。長い物語はまだ続いていく。(文・安田奈緒美、写真・安元雄太)

 ■ゲルハルト・ボッセ プロフィル 1922年、ドイツ生まれ。音楽教室を営んでいた父親の影響でバイオリンを始める。ゲヴァントハウス管では30年以上第1コンサートマスターを務めた。日本では霧島国際音楽祭を創設。近年は指揮活動に専念し、神戸市室内合奏団音楽監督、新日本フィルハーモニー交響楽団ミュージック・アドヴァイザーなどを兼任する。5月9日午後3時からは、高槻現代劇場で大阪センチュリー交響楽団と共演し、バッハの2つのバイオリンのための協奏曲などを指揮する。

【関連記事】
エキストラ活動と学費工面 ラジオ番組「君の名は」でも演奏
日仏クラシック映画が激突 「のだめカンタービレ」VS「オーケストラ!」
シンセサイザーと生のオーケストラ融合 冨田勲、日本フィルと演奏会
上野樹里「のだめ」大団円へ 生っぽさ、見てほしい
小澤征爾さん、ウィーンフィルの指揮断念
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

可視化は重大事件限定も 千葉法相(産経新聞)
参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)
スーパー 車突っ込み5人搬送 山梨・北杜(毎日新聞)
空席目立つ橋下劇場、知事「飽きられたのかも…」(産経新聞)
山口市・月輪寺 重源上人の焼き物完成 5日に供養祭(毎日新聞)
posted by イワサキ ジュンイチ at 10:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

5カ月長女に暴行、骨折=育児疲れ、22歳母逮捕−愛知県警(時事通信)

 生後5カ月の長女に暴行し、骨折などのけがを負わせたとして、愛知県警半田署は20日までに、傷害の疑いで、福井県敦賀市東洋町、無職堀居緑子容疑者(22)を逮捕した。同署によると、「育児で疲れ、いらいらして殴った」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は2月上旬から4月16日ごろの間、敦賀市の自宅で長女を壁にぶつけたり、殴ったりして、両腕の骨折など3週間のけがを負わせた疑い。
 同署によると、長女の顔や胸に複数の打撲の跡があるほか、左足の裏に針のようなもので刺した傷もあるという。 

【関連ニュース】
傷害容疑で会社員逮捕=父けられ入院、死亡
「やり過ぎれば死ぬ」と供述=1歳男児変死、傷害致死で捜査
同居の男を傷害容疑で逮捕=1歳男児変死、虐待認める
両親、1歳女児虐待認める=「いらいらして殴った」
男3人を傷害致死で再逮捕=工事現場遺体遺棄

<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)
首相の徳之島入り「視野」=進退論発展に否定的−官房長官(時事通信)
<器物損壊>レクサス2店のガラス割られる 名古屋(毎日新聞)
金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)
18日も16便欠航=火山噴火の影響続く−日航・全日空(時事通信)
posted by イワサキ ジュンイチ at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

寛仁親王殿下が5月にトルコへ(産経新聞)

 寛仁親王殿下が、5月にトルコを公式訪問されることが16日の閣議で了解された。

 宮内庁によると、寛仁さまはイスタンブールに向けて5月1日に出発、4日に同地を出て5日に帰国される。「2010年トルコにおける日本年」の友好祝賀式典や、日本の古美術を集めた展覧会の開会式などに出席される。寛仁さまは「日本年」の名誉総裁を務められている。

【関連記事】
不整脈の寛仁親王殿下がご退院 佐々木研究所付属杏雲堂病院から 宮内庁
寛仁親王殿下の長女、彬子さまが英国留学終えご帰国
憲法改正案を国会に提出 トルコ、国民投票の可能性
米下院、アルメニア人「虐殺」決議を可決 トルコは大使召還
政府転覆計画の捜査、穏当決着で合意か トルコ政府・軍
外国人地方参政権問題に一石

<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
非公式会談で米大統領不信感 首相「ない」と断言(産経新聞)
公約修正を提案=「政治主導」に疑問−21世紀臨調(時事通信)
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転−厚労省独自仕分け(時事通信)
<水俣病>鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で(毎日新聞)
posted by イワサキ ジュンイチ at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。