2010年05月17日

小沢氏聴取、国会での証人喚問へ野党足並み(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長が15日、東京地検特捜部の事情聴取を受けたことで、野党からは国会でも説明責任を果たすよう求める声が相次いだ。

 小沢氏は衆院政治倫理審査会に出席する意向を示しているが、野党は予算委員会での参考人招致や証人喚問でなければ説明責任を果たしたことにならないとしており、与野党の対立は激しさを増しそうだ。

 自民党の大島幹事長は15日、岡山市で記者団に、「政治の信頼のため、国会の場で説明責任、道義的責任を果たして欲しいと言い続けてきた。証人喚問、参考人(招致)、これこそ説明責任を果たす道だ」と強調した。

 共産党の穀田恵二国会対策委員長は「政権政党の幹事長が3回も聴取を受けるのは異常だ。証人喚問はまったなしだ」とする談話を発表した。

 他の野党も「小沢氏は政倫審のような任意の手続きではなく、偽証罪の制裁もある証人喚問の場で説明することがふさわしい」(渡辺みんなの党代表)、「予算委の集中審議で説明するべきだ」(舛添新党改革代表)と足並みをそろえる。

 野党側は、小沢氏が原則非公開の政倫審で短時間説明して、幕引きとすることを警戒している。政倫審に関しては「公開が条件」(大島氏)と高いハードルを設定し、同時に証人喚問と参考人招致を求め続けることで、国民に「逃げる民主党と小沢氏」を印象づけたい考えだ。

生きていた鳩山首相に強い味方が登場(産経新聞)
4時間半…何も語らず走り去る 小沢氏3回目の聴取(産経新聞)
高槻ポリ袋遺体 被害女性に保険金数千万円 2年前周辺で不審死(産経新聞)
通販窃盗容疑6人逮捕 中国サイトでカード情報1800件入手か(産経新聞)
ネット選挙、一部解禁へ=参院選からHP更新(時事通信)
posted by イワサキ ジュンイチ at 14:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。